手汗を止める薬いろいろ

手汗を止める薬をいろいろ試してみました

手汗がひどく、どうにか止められないかと試行錯誤を繰り返してきた私ですが、
ネットで偶然手汗に効く薬があることを知って、いろいろな商品を試してみました。

 

今は薬局で買えるものや、ネット通販限定の手汗専用制汗剤など、
手汗に直接働きかけて止めてくれるものは結構たくさん販売されています。
自分の学生時代にはインターネットが今ほど普及していなかったので
そういった情報を手に入れるのも容易ではなく、いい時代になったなぁと思います。

 

今回私が試してみた手汗に効く薬について書いていこうと思います。
ちなみに、私が参考にしたサイトはこちらです。
手汗を止める薬を徹底比較

 

・テノール液
成分:塩化アルミニウム
初めて手汗対策をしようと考えている人向けの商品です。
塩化アルミニウムを使った商品は手が荒れる人が多いのですが、この商品は濃度が薄めなので、荒れにくい方です。
私はちょっと手のひらがかゆくなる程度でしたが、皮膚が弱い人はやめたほうがいいかもしれません。
あと臭いが少し気になります。私の場合は我慢出来ないほどではなかったので、普通に使えました。
効果はまずまずといったところでしょうか。完全に止まるほどの効果はなく、緊張する時なんかは普通に汗びっしょりに。
レベルにもよりますが、水たまりができるほどの人は効果が薄いかもしれません。

 

・オドレミン
成分:塩化アルミニウム
先程のテノール液よりも濃度は濃いめで、同じく手がかゆくなりました。
私の近所の薬局には取り扱いがなく、大きい薬局まで探しに行ってやっと見つけました。
効果はテノール液とほとんど変わりませんでした。

 

・テサラン
成分:クロルヒドロキシアルミニウム
テサランというハンドクリームタイプのものを買いました。
薬局などで買うものとの一番の違いは、使いやすさですね。
見た目が完全にハンドクリームなので、周りの目が気にならずいつでも使えました。
こまめに塗れる分、サラサラが継続できたように感じます。
1本で3ヶ月ほどもつので、コスパも悪くありませんでした。

 

【まとめ】
私の個人的意見としては、手荒れもなく持ち運びもしやすい「テサラン」が一番よかったです。
手汗を止めるには継続して薬を使っていくことが重要になるので、
続けやすさを考えるとやっぱりハンドクリームは便利です。

 

まずはいろいろ試してみて、自分に一番合ってるものを見つけてみてください。